t@biho保険加入者のためのサイトです。
都市情報目次(ナイロビ)>都市情報詳細(ナイロビ)
都市情報詳細(ナイロビ)
こちらはサンプル画面となっております。ログイン頂くと更新情報が閲覧可能です。

ナイロビ NAIROBI 更新日:XXXX.XX.XX
ケニアの首都で、東アフリカの中心都市。海抜約1,700Mの高地にあり一年中過ごし易い。東アフリカ旅行の玄関口であり、アフリカ諸国と欧米、アジアを結ぶ重要な場所でもある。

14.現地購入時の注意事項

      ヒルトンの東側、Mama Ngina St.からKenyatta Ave.までの一角にブ
      ティック、カメラ屋、土産物店、書店、映画館が集中している。客は
      外国人と小数のケニア上流階級、インド人のみ。
衣料関係:
----------
----------------------------------------------------------------------
(1) 既製品・洋服(普段着・パーティー用)
    現地製(サイズ・材質・種類・値段)
    男    性:・サイズは特に小柄な人以外はあるが種類は少なく、選ぶ余地
               はない。材質は混紡であまり良くなく、価格は背広で日本円
               にして約10万円前後と割高。すべて輸入品
    女    性:・輸入品の婦人服店が1軒あるが、ワンピースで約3万円位、
               パンツで約1万円位。種類は少なく、選ぶ余地なし。カ
               ジュアルショップは多数ある(トレーナー、Tシャツ類)
              ・サイズは日本人に合ったものは少ない
    子    供:・ケニア製のシャツ、ズボン、ワンピースなど出ているが、
               いずれもあまりよくないし、輸入品は約1万円以上する
    備    考:・日本の様に気候の移り変わりがはげしくない
              ・生活に慣れてきたら、ドレスや子供服をオーダーメードで注
               文することもできる。ヨーロッパで買ってきた生地やカラフ
               ルなケニア製の生地をブティックに持ち込んで、自分の好き
               なデザインを注文する。何回か仮縫いをした上での仕立て上
               がりは結構見栄えする。仕立て代はKES1,500程度
----------------------------------------------------------------------
(2) 下着
    現地製(サイズ・材質・種類・値段)
    男    性:・サイズはS、M、L、EL。国産はナイロン製で質が良くない
               のでイギリス製を利用する日本人が多い
              ・ランニング、ブリーフ共に約600円位
    女    性:・日本のドレスサイズ、普通の体格の方なら何でも手に入る
              ・いずれも混紡で綿製品の入手は難しい
              ・パンツ約600〜1、000円  ブラジャー約1,500円位
    子    供:・新生児用の品物は入手が困難。2才以上であれば大体買える
              ・シャツ約600円位、パンツ約500円位
----------------------------------------------------------------------
(3) 靴
    現地製(サイズ・材質・種類・値段)
    男    性:・国産品は日本人には不向き
              ・種類少ない。皮靴1足約40,000円程度
    女    性:・現在輸入品はほとんどない。ケニア製のサンダルもあるが、
               履きにくい
    子    供:・皮靴は輸入品で、一足約5,000円からある。運動靴は国産品
               で1足約600円から
    備    考:・足の小さい人に合う靴は少ない
              ・現地製の革製品は品質の点で、一方ヨーロッパ製の輸入もの
               (革靴やスーツシューズ)はサイズの点で問題がある。それと
               靴は個人差が大きいので、日本から持参するに越したことは
               ない。
----------------------------------------------------------------------
(4) 小物・装飾品
    男    性:・ネクタイ、カフス、タイピンなどは輸入品の方がよい。
               国産品はあまりよくない
    女    性:・カラフルで洒落たデザインのサイザルバッグやアクセサリー
               が買える店がある。
----------------------------------------------------------------------

食品・食器・台所用品:
----------------------
----------------------------------------------------------------------
(1) 現地食品
    市内のMuindi Mbingu St.に食料品店は集中している。日本人の利用も
    多く、片言の日本語で話しかけられる。
    主  食 :・パンは比較的味の良いベーカリーがある
             ・ケニア米、タイ米の他、カリフォルニア米も購入可能。パン
              1斤で20ケニア・シリングくらい。食パン、菓子パンもある
             ・ケニアでも米は生産しているが、長粒米でやや特有の臭いが
              あり、小石が 混ざっていることもあるので、むしろウガン
              ダ産の方が短粒米で日本米に近い。同じ短粒米のイタリア
              米、カリフォルニア米、中国米など輸入米も入手できるが高
              価である。
             ・小麦粉は精白度が日本ほど徹底していない点を除けば、日用
              には全く不満はない。
             ・パスタ類、豆類も豊富に入手できる。
    肉  類 :・牛、豚、羊、鶏、七面鳥など豊富に安く手に入る。ただ衛生
              面でしっかりした店で買うこと。肉は一般にさっと水洗いし
              たあと、料理した方がよい
             ・だんだん行きつけの店の顔見知りの店員を決めるようにして
             おくと、新鮮な肉の情報や気軽に好みに応じてくれるように
              なり便利。
              その場合多少のチップを渡しておく。 ハムなどの加工食品
              もある。
    魚     :・500km離れたインド洋岸のモンバサから海水魚、ビクトリア湖
              からは淡水魚や川魚が送られてくる。マグロ、えび、いか、
              たこ、さわら、たい、すずきなどが入手できる。刺し身用の
              魚が入荷することもある
             ・市内のシティーマーケットには、毎週火曜日と金曜日に入荷
              するので、午前中早めに行けば好みのものが入手できる
             ・海水魚は一般にウロコが大きく、骨が太く堅いので、調理に
              は注意が必要。塩でよく洗ってから調理する。淡水魚は生で
              は食べない方が無難
    野  菜 :・ほぼ一年中、白菜、かぶ、なす、ほうれんそう、人参、じゃ
              がいもなどは入手可能
             ・豊富かつ安価、ショッピングセンターの中に必ず1軒は、
              野菜・果物を扱う店があるほか、道端のキオスクと呼ばれる
              小さい店でも一般的なものなら手に入る
             ・日本料理用の野菜は見当たらないが、種を持参して家庭栽培
              する方法もある
    果  物 :・果物類は1年中豊富で、バナナ、パイナップルなど入手可
              能。日本で味わえない種類も多い。最近は南アフリカからの
              輸入品も増えて、品質もよくなった。1kg単位でも、100g単位
              でも売ってくれる
    その他 :・砂糖、料理油、バターなどは輸入品が出回っている
----------------------------------------------------------------------
(2)日本食品
    ・大和屋(Muthithi Road/Unga House内)という日本食品の店が1993年1月
     にオープンした。多少割高で、品数の変動が大きいが、入荷直後なら
     200品目以上の日本食品が手に入る
    ・取扱品目は日本酒、各種缶詰、味噌、しょうゆなど調味料、ラーメン、
     お茶などインスタント食品、冷凍食品、カリフォルニア米など
    ・豆腐、油揚げが外国人向けの八百屋で売られている
----------------------------------------------------------------------
(3) 台所用品
    ・洋食用の道具は大体買えるが、すべて輸入品のため割高である
    ・圧力鍋、ラップ、アルミホイル、ビニール袋は入手できる
    ・炊飯器、電子レンジ、ミキサーなどは入手可能だが割高
    ・当地産の水筒はよく水漏れする
----------------------------------------------------------------------
(4) 洋食器類
    ・中国製の安物か、英国製またはフランス製のどちらか(すべて輸入品の
     ため割高)
----------------------------------------------------------------------
(5) 和食器類
    ・全く売っていない
----------------------------------------------------------------------
(6) その他
    ・ろ過器、浄水器の購入可能
----------------------------------------------------------------------

住居・家具・日用品雑貨:
------------------------
----------------------------------------------------------------------
(1) 家具
    ・種類は豊富。1軒の家で必要な家具は、最低で約20〜30万円(応接セッ
     ト、食堂セット、サイドボード、ダブルベッド1、シングルベッド2)
    ・オークションでクラシックな優良品が入手できる場合がある
    ・家具の賃貸業者もある
    ・在任期間によっては購入した方が経済的な場合もある。木製家具は日本
     より安価で手軽に注文もできるが、木材の乾燥が完全ではなくヒビ割れ
     ることもある
----------------------------------------------------------------------
(2) 室内装飾品
    ・カーテン生地は国産品で良い物がある(輸入のカーテン生地は高い)
     裏を付けたカーテンなら完全であるが、それ程寒いわけでもないので、
     裏なしで充分である。
    ・Biashara St.に沢山ある布屋では、女性が腰にまとっている布「カン
     ガ」などが買える。きれいな柄が多いのでデーブルクロスやソファー
     カバーに利用できる。
----------------------------------------------------------------------
(3) 電気製品
    ・全輸入品のため高い。冷蔵庫中型約180,000円位、洗濯機約170,000円
     位。ファックスも売っている
    ・現地のトランスは変圧不安定なことが多いが、入手可能。
    ・パソコンはIBM、マッキントッシュなどのハード、ソフトを売っており、
   日本より安価
    ・電気製品はナイロビで購入する場合ほとんどすべて外国製で、メーカー
     や品質を十分確かめてかかる必要がある。修理やアフターサービスに
     は、かなりの時間と費用を要することを覚悟しておく。
    ・電気器具から芝刈機まで販売と修理を手広く扱っている大型店が市内に
     数軒ある
----------------------------------------------------------------------
(4) 日用品雑貨
    ・シーツ、毛布共に輸入品で値段の割に質がよくない
     ダブルベッド用シーツ約4,000円〜8,000円位
    ・家具付きの家が見つからない場合、家具だけのリースがある。上記の家
     具の他冷蔵庫、クッカーがついて1ヵ月約20,000円位である
----------------------------------------------------------------------
(5) その他
    種    類:・ケニア特有のソープ・ストーン彫刻は、欧米では高く評価さ
               れ始めている。色鮮やかな皿や壺などがみつかる。
----------------------------------------------------------------------

教育関係:
----------
----------------------------------------------------------------------
(1) 学習教材(書籍・学用品など)
    ・ノート  各種ある。国産品で約30円〜100円位(日本人学校の購買部で、
     約150円前後で日本製品が買える)
    ・英国系小学校の教科書約200〜500円(低学年用)
----------------------------------------------------------------------
(2) 運動具関係
    ・すべて輸入品
    ・ゴルフ  フルセット  約200,000円位
     テニス  ラケット    約 20,000円位
----------------------------------------------------------------------
(3) 遊び道具など・その他
    ・全て輸入品
     自転車  (小学生用)  約30,000円位
     三輪車  約15,000円位
     人形  約5,000円〜10,000円位(中国製の小さなもの約1,000円位)
----------------------------------------------------------------------

保健・医療・衛生関連:
----------------------
----------------------------------------------------------------------
(1) 医薬品(家庭常備薬・衛生用品など)
    種    類:・薬局は市内に多数あり、常備薬は処方箋なしで購入できる
                (欧米製)
              ・哺乳ビン消毒用液(ミルトン)は購入可能
              ・生理用品は多種あるが、日本より厚め
              ・脱脂綿、ガーゼは質が劣る
              ・電気蚊取り及びマットの購入可能
----------------------------------------------------------------------
(2) 化粧品・その他
    種    類:・一般的なものは入手可能
----------------------------------------------------------------------

教養・娯楽・スポーツ関連:
--------------------------
----------------------------------------------------------------------
(1) 娯楽品(トランプ・カセット・ビデオテープなど)
    ・ゴルフ道具、テニスラケット、乗馬用具などが売っているが、輸入品の
     為若干高い
    ・現在使用中の物を持参した方が良い。輸入品のCDも売られているがかな
     り高い。一般にはカセットテープの方が普及している。ナイロビ市内の
     Moi Av.沿いに、いくつか店がある
    ・子供用のおもちゃはショッピングセンター内に玩具店がある
----------------------------------------------------------------------
(2) 教養品(雑誌・書籍など)
    ・タイム、ニューズウィークは市内で買える。ケニアあるいはアフリカの
     紹介書は比較的多い。主な書店としては、Text Book Centerがある
    ・ベストセラーもペーパーバックで約1冊約500円位
----------------------------------------------------------------------
(3) その他
    ・ビデオテープレンタルは各ショッピングセンターにある
    ・フィルムはコダック、フジが出回っており、DPEサービスもある
   ・ピアノは入手可能。調律師もいる。
----------------------------------------------------------------------