t@biho保険加入者のためのサイトです。
都市情報目次(ナイロビ)>都市情報詳細(ナイロビ)
都市情報詳細(ナイロビ)
こちらはサンプル画面となっております。ログイン頂くと更新情報が閲覧可能です。

ナイロビ NAIROBI 更新日:XXXX.XX.XX
ケニアの首都で、東アフリカの中心都市。海抜約1,700Mの高地にあり一年中過ごし易い。東アフリカ旅行の玄関口であり、アフリカ諸国と欧米、アジアを結ぶ重要な場所でもある。

5. 教育

教育制度:
----------
    *ケニアでは1989年に一部学制改革があり、イギリス植民地時代の名残り
     とも言うべき8・4・6制から、小学校8年、中学4年・大学4年の
     8・4・4制になった。小学校課程では、音楽・美術・家庭科などの教
     科がない所もあったが、新制度ではどの学校も全科目必須となった。地
     域による学校区は全くなく、全国どの学校でも入学を希望できる。
    *公・市・私立の区別があり、文部省の管轄下にあるKenya Institute of
     Educationが定めるカリキュラムと推薦する教科書によって授業が行われ
     る。小学校8年間が義務教育で無料。
    *授業料や教育レベルは学校によりかなり差があり、有名校では小学校入
     学時から厳しい筆記試験と面接試験がある。毎年末に行われる全国統一
     試験により、全国の学校のレベルが分かる。その結果により両親は学校
     を決めることもある。
    *私立校の方がクラスの生徒数も20〜30名と少なく、優秀な教師と十分な
     設備で行き届いた教育を行っている。
    *キバキ政権は初等教育の無償化を提唱、教育の普及に力を入れている。
    *就学前教育は各市町村と私立の団体によって運営されている。

学期と休み:
------------
    *新学期は毎年1月に始まる3学期制。4月、8月、12月の3回、毎学期
     ごとに休暇がある。休日数は学校によって違う。

邦人子女の教育:
----------------
    (1) 日本の教育システム内での教育(日本語)
       ・学校名:ナイロビ日本人学校
         現地名:The Nairobi Japanese School
         所在地:Langata Road, Nairobi
         連絡先:c/o Embassy of Japan
                 P.O.Box 948 Karen-00502,
                 Nairobi
             TEL: 020-2513390/2513321
             Eメールアドレス:njs@swiftkenya.com
     ・1970年5月に発足、小学部22名、中学部6名の合計28名が学んでいる
       (2010年4月現在)。教職員数は2008年現在21名。
     ・入学金は52,000円、授業料年額は小学部312,000ケニアシリング、中学
       部324,000ケニアシリング、その他施設充実積立金21,600ケニアシリン
       グ、バス積立費7,200ケニアシリングなどがかかる。納入方法は、原則
       として学期ごとに日本の口座へ円貨で銀行振込みとなる。
     ・教育カリキュラムは日本とほぼ同じだが、特長として英会話授業が毎
       日取り入れられている。スクールバスの送迎は、ラビントンの
       シェル・ガソリンスタンドを集合・乗降場所に定めている。

    (2) インターナショナルスクール内での教育
     ・現在日本人子女が通っている主要外国人学校は以下の2校。
       ●学校名:International School of Kenya
         所在地:P.O. Box 14103, 00800
                 Nairobi, Kenya
                 TEL: 020-4183622
                 FAX: 020-4183272
     ・私立、共学、幼・小・中・高校対象。
     ・アメリカ方式、オープンスクール。
     ・アメリカ、カナダ両大使館のバックアップにより運営される北米式教
       育システムの共学校で、74ヵ国の国籍にわたる700人が学んでいる。
       うち80%が英語を母国語としないので、日本人も恥ずかしがらずに輪
       の中に入ってほしいとのこと。2009年3月現在、日本人生徒4名が在
       籍している。
     ・外国語の授業として、フランス語、スペイン語、スワヒリ語の授業が
       ある。ESLプログラムあり。
     ・学期は8月上旬から12月中旬、1月上旬から5月末までに分かれて
       いる。
     ・施設、指導ともよく整っており、500席の劇場、リサーチセンター、
       体育館、温水プール、テニスコートなどがある。英語特訓の家庭教師
       の斡旋、大学の進学相談にも応じてくれる。
     ・保護者負担経費は、申請料125米ドル、授業料15,250〜18,800米ドル、
       登録料5,500米ドル、他にスクールバス代1,850米ドルなどがかかる。

      ●学校名:Braeburn School
        所在地:Gitanga Rd. TEL:02-3872300-2
                (プレスクール、ジュニアスクール、ハイスクール)
                Garden Estate off Thinka Rd.
                TEL: 02-8561144(カレッジ)
     ・私立、共学、プレスクール、小、中、高、大学対象。
     ・イギリス系で、生徒の国籍は50ヵ国以上、800名近くの生徒が在籍。
     ・英語を母語としない生徒は、学校指定の英語学校で3ヵ月間の訓練
       を受けるとよい。
     ・スクールバス有り。
     ・週末には、プール、スカッシュコート、カフェテリアが解放される。
     ・プレスクール、ジュニアスクールの保護者負担経費は、1学期につき
       デポジット4,000〜12,500ケニアシリング、授業料95,000〜115,000ケ
       ニアシリング。その他に昼食代13,200ケニアシリング、スクールバス
       代など。
     ・2009年3月現在、日本人生徒8名が在籍している。

現地校か日本人学校か:
----------------------
      *在留邦人の子女は、日本人学校に通っているケースが多い。

補習校:
--------
      *日本語補習校はないが、他の学校に通う日本人子女を土曜日に受け入
       れ、日本人学校の生徒と授業を受けられる「体験入学」制度がある。

通信教育:
----------
    *全日制日本人学校に通学していない小・中学生対象の添削指導を含む通
     信教育を海外子女教育財団が行っている。
       通信教育:「海外の小・中学生のための通信教育」
      ・1971年文部省の許可を受けて設立された財団法人「海外子女教育振興
        財団」が行っている通信教育の教材で補習校の授業を補うものとして
        作成。
      ・費用  各学年とも年間  42,000円
     ●(財)海外子女教育振興財団
          〒105-0002 東京都港区愛宕 1-3-4
                     愛宕東洋ビル6F
                     TEL: 03-4330-1345(通信教育に関する問い合わせ)
                          03-4330-1349(教育に関する相談)
                     FAX: 03-4330-1355
       関西分室
          〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田 3-4-5
                     毎日新聞ビル3F
                     TEL: 06-6344-4318
                     FAX: 06-6344-4328

ハイスクールへの進学:
----------------------
   *現地で高校に進学する場合はインターナショナルスクールになるが、日本
    人学校からの進学は相当な英語力が必要となる。

教育関係情報入手先:
--------------------
  *(財)海外子女教育振興財団(連絡先は前項「通信教育」参照)
     海外の日本人学校、補習授業校に対する財政的援助・教育的援助を
     始め、海外・帰国子女教育のために必要な各種教育事業及び教育環境整
     備事業を行い、教育相談室、通信教育、外国語教室、雑誌・マニュアル
     を刊行している。

現地語の学習:
-------------
    *日本人学校では、全学年に英会話の授業がある。

幼稚園(キンダーガーテン/ナーサリースクール):
------------------------------------------------
    *ナイロビには幼稚園(ナーサリー/キンダーガーテン)も多くあり、日本人
     の子供が通う主な所でも10ヵ所近くある。平均2才半から通い始める。
     遊び中心で、庭も広い。インターナショナルスクールのプレスクールも
     ある。
    *対象年齢は3歳〜5歳、多くは私立の幼稚園で、昼食込みかなしかな
     ど、料金も幼稚園により異なる。1学期あたり20,000〜70,000ケニアシ
     リング。

      ●名  称:Lavington Montessori Kindergarten
        所在地:P.O.Box 811,
                00606 Nairobi
                TEL: 020-4348532/2089894
               ・入学金3,000ケニアシリング、授業料29,700〜62,920ケニ
                 アシリング/学期、昼食9,000ケニアシリング/学期、スクー
                 ルバス代約12,000〜18,500ケニアシリング/学期など。
      
      ●名  称:Riverside Farm Nursery
        所在地:Riverside Rd.
                TEL: 020-442079

ベビーシッター:
----------------
    *外出する時だけサーバント(女性)に子供(5歳程度)の守りを頼んでい
     るケースがある。

P.T.A.:
-----------
    *日本人学校の場合、1学期に1回授業参観があり、日本人会バザーへの
     参加などの活動がある。
    *英国系学校の場合、1学期に1回参観日がある。その後個別に先生と面
     談する。

その他注意事項:
----------------
    *英国系学校の場合、社交性があれば特に問題はない。
    *英国式マナーを常識程度知っていれば良い。ゲップ、鼻みずをすするこ
     と、くしゃみなどはタブー。これらをしたら必ずSorryを言わせること。