t@biho保険加入者のためのサイトです。
特集ページ>アラブ首長国連邦:ドバイ
アラブ首長国連邦:ドバイ
目覚ましい発展を続けるドバイ
人口約200万人、日本の埼玉県とほぼ同じ大きさのドバイは、UAE(アラブ首長国連邦)の首都です。元は砂漠だったドバイは、1966年に海底油田を発見したところから急成長が始まり、GDPの約40%が石油と天然ガスで占められている資源豊かな国です。特に1990年以降の成長は目覚ましく、この20年間でGDPは30倍も伸び、国民の平均年収は世界でもトップクラスです。そしてそのオイルマネーによる信用で外資系企業を多く誘致し、今や世界有数の観光都市として生まれ変わりました。多くの世界一を揃え観光の目玉としています。海上では世界一の高さの「ブルジュ・アル・アラブ」ホテル、高さ828m、世界一の高さを誇るタワー「ブルジュ・ハリファ」、世界一の規模を誇るショッピングモール「ドバイ・モール」、世界一大きな人工島「パーム・アイランド」など、セレブ気分を満喫できるスポットがいっぱいです。観光のベストシーズンは11〜3月の冬場で、気温も20度前後と過ごしやすい気候です。治安も良く、一年中ビーチやゴルフ、ショッピング、高級ホテル、そして幻想的な砂漠の風景を楽しめるドバイは、男女問わず楽しめる、正に夢の楽園です。

情報提供:ドバイ政府観光・商務局
Dubai Department of Tourism & Commerce Marketing(DTCM)
http://www.dubaitourism.ae/

2013年、ドバイの旬な情報

2013/1/3〜2/5 ドバイ・ショッピング・フェスティバル
1996年の開催以来、毎年世界中のショッピングフリークの間で注目されているイベントが、第17回ドバイ・ショッピング・フェスティバル、通称DSFです。今年も1,200以上の店舗がある「ドバイ・モール」に加え、昔ながらの市場“スーク”をモチーフにした「ナイト・スーク」もオープンする予定です。ドバイの主要なショッピングモールが参加するセール・イベントでは毎晩花火が打ち上げられ、屋外イベントが開かれるなど町を挙げての一大イベントです。この時期は、普段はセールを行わない一流ブランドもドバイならではの特別提供品があるなど、お買い物好きには必見です。

JWマリオット・マーキス・ドバイ2013/2 世界一高いホテル「JWマリオット・マーキス・ドバイ」がグランドオープン
2012年11月に高さ355メートルの、世界で一番高いのっぽホテルとしてギネスにも認定された「JWマリオット・マーキス・ドバイ」が2013年2月、いよいよグランドオープンします。ドバイのダウビジネス街に位置し、客室数1,608室、24の会議施設、2つのボールルーム、5,100平方メートルにおよぶイベント会場を併設し、ビジネス客や富裕層を重要顧客とし、今後のグローバルな大規模催事にも対応できます。現在は、第1タワーの804室と、フレンチから日本食まで揃う9軒のレストランなどがプレオープンされており、ビジネスにも観光にも注目のホテルです。

ドバイの人気観光名所

ブルジュ・ハリファ   ブルジュ・アル・アラブ
ブルジュ・ハリファ
(Burj Khalifa)

ブルジュ・ハリファは、地上162階建、高さ818mを誇る、2012年時点で世界で最も高い建造物です。世界初のアルマーニ・ホテル、高級マンション、オフィス等によって構成され、それまで世界一の高さを誇った台北101(509m)を300m以上も超え、その他数々の世界記録を塗り替えた建物です。建物のデザインは、イスラーム建築において具象化されたという砂漠の花、ヒメノカリスをイメージしています。正にダウンタウンのシンボル的存在です。
  ブルジュ・アル・アラブ
(Burj Al Arab)

ドバイのイメージと言えばヨットのような形をしたこのホテルを思い浮かべる人も多いはず。通称7つ星ホテル、ドバイタワーとも呼ばれています。世界中のセレブに愛されている要因は、全室メゾネットタイプのスイートというゴージャスな客室はもちろん、きめ細かなサービスです。お出迎えのアラビアンコーヒーやローズスプレー、17種類の枕から気に入ったものが選べるサービス、世界中のグルメに対応した10のレストランなど、一生に一度は泊まってみたいホテルです。
     
ドバイ・ファウンテン   パーム・アイランド
ドバイ・ファウンテン
(Dubai Fountain)

ドバイ・ファウンテンは、ブルジュ・ドバイの真ん中にある人造湖に設置された世界最大規模の噴水施設で、音と光と噴水ショーが堪能できます。8万3000リットルの水が常時噴出され、50色を超えるライト、1000以上のパターンでパフォーマンスが行なわれます。全長は275m、噴水の高さは世界一を誇り、最高で地上150mにも達します。こちらのショーは、ラスベガスのベラージオの噴水ショーを手がけたWET Designがプロデュースをしていますが、規模はベラージオ以上です。
  パーム・アイランド
(The Palm Islands)

パーム・アイランドは、ドバイ沖合いに造られた世界で最も大きな人工島群です。ヤシの木(パーム・ツリー)を模したデザインのため、このような名前がつけられました。この島のためにドバイの海岸線は約520km長くなったと言われています。パーム・アイランドはリゾート地を総称した呼び名で、実際は3つのパーム・アイランドからなり、3島の建築総額は1兆8000億円とも言われています。中でも有名なのが、既に完成しているパーム・ジュメイラ(Palm Jumeirah)プロジェクトで、葉の部分は別荘地、幹の部分はホテルとなっています。日本企業も多く参画していて、最終的には100以上の高級ホテルと1400戸以上の別荘、商業エリアから成る一大リゾート地になる予定です。
     
ドバイ・メトロ   ジュメイラ・モスク

ドバイ・メトロ
(Dubai Metro)

ドバイ・メトロは世界最長の無人運転鉄道で、日本企業も加わった大型プロジェクトで誕生しました。ドバイ・メトロの各駅は、地球・水・火・空気と4つのテーマを持ってデザインされ、建築デザインとしても見る価値があります。先に主要観光地区を網羅したレッドラインがオープンし、2012年9月には二本目のグリーンラインが開通しました。ドバイ・メトロでは車両が3つに分かれていて、ゴールドクラス、女性・子供専用クラス、スタンダードクラスです。ゴールドのチケット料金はスタンダードの約2倍ですが、空いていてセレブ気分を味わえるのでオススメです。

  スーク
(Souk)

昔ながらの小さなお店が軒を連ねるスークはアラブ伝統の市場です。生活に密着した市場が沢山ありますが、中でも観光客に人気なのが、ゴールドスークとスパイススークです。ゴールドスークはその名前の通り、金が安く手に入る事で有名で、アンティークなものからヨーロピアンな最新デザインのものが揃います。もう一つ注目のスパイスマーケットは、アラブやインド系の人の生活にかかせないスパイスが揃っていて、お土産にも人気です。ゴールドスークもスパイススークも定価というものは存在しないので、値切り交渉を楽しんでみて下さい。
     
ドバイ博物館   スーク
ジュメイラ・モスク
(Jumeirah Mosque)

ジュメイラ・ビーチにあるジュメイラ・モスクは、白い2本の塔が目印でドバイで最も美しいと言われています。大理石で出来たモスクの内装は美しいブルーのモザイク柄で、ドバイで見学できる唯一のモスクです。ビーチだからと言って露出の高い格好は許されません。短パン・ノースリーブは禁止なので注意しましょう。モスクでは英語で行われる見学ツアーも実施され、入場料は10UAEディルハムです。
  ドバイ博物館
(Dubai Museum)

1970年にオープンしたドバイ博物館は、ドバイが繁栄する前の歴史や、1990年代からのドバイの急激な発展と変遷が見られる貴重な博物館です。建物はもともと18世紀に立てられたドバイで最古の建物である砦を利用していて、入口の脇には大砲もあります。入場料は3UAEディルハムと格安です。

買い物天国、そしてアクティビティも充実のドバイ

ドバイには世界一の規模を誇るドバイ・モール、そして市内には40以上のショッピングモールが点在しています。世界各国の高級ブランド品から、スークで扱われるような雑貨まで、欲しいものは何でも揃います。郊外には中東初のアウトレットモールもあり、まさにお買い物天国です。また、冬でも気温が14〜24度と過ごしやすい気候なので海のアクティビティはもちろん、砂漠のスキー、大型水族館など様々なアクティビティも楽しめます。一日中あらゆる目的で楽しめるのがドバイです。

人気のショッピングモール

ドバイ・モール   イブン・バトゥータ・モール
ドバイ・モール
(Dubai Mall)

ダウンタウン・ブルジュ・ドバイにある世界最大級のショッピングモールです。総面積約110万平方メートル以上、屋内フロア約55万平方メートル、ショップの数約1200のほかにも、世界最大級の水族館やアイススケート場、シネマコンプレックス、屋内ゴールド・スーク、SEGAテーマパーク、キッザニア、紀伊国屋などが入っています。ショッピング以外にもドバイ・ファウンテンなどのショーも楽しめ、家族で一日中楽しめるスポットです。
  イブン・バトゥータ・モール
(Ibn Battuta Mall)

イブン・バトゥータ・モールは、アラブの探検家、イブン・バトゥータから名を取った、巨大ショッピングモールです。彼が実際に旅したペルシャ、エジプト、チュニジア、アンダルシア、インド、中国の6つのエリアの国々をコンセプトに、独立したパビリオンがあり、その国らしい建築やインテリアでデザインされた建物は見るだけでも旅行気分が味わえます。平日は深夜24時まで、週末は25時まで営業しているので、深夜便の利用が多い日本人にはとても便利なモールです。
     
モール・オブ・ジ・エミレーツ
(Mall Of The Emirates)

2005年9月にオープンしたモール・オブ・ジ・エミレーツは、ジュメイラ地区にある大きなショッピングモールです。石垣島と同じくらいの広さの敷地内には450以上の店舗、約70のレストラン、ホテル、映画館、アートセンターがあり、イギリスの高級デパート「ハーヴェイ・ニコルズ」など人気のショップが多数入っています。注目は、屋内スキー場「スキー・ドバイ」で、砂漠の国でスキーやスノーボードが出来る、世界でも珍しいアミューズメントです。
  ドバイ・アウトレット・モール
(Dubai Outlet Mall)

ドバイ・アウトレット・モールは、240店舗、800以上のブランドを取り揃えた、中東で初めてのアウトレットモールです。ショッピングモール内では30〜90%オフの商品を提供。街の中心地ワールド・トレード・センターから30分強のドバイ・ハイランド内にあります。中心部の華やかなモールから比べると簡素な作りですが、時間に余裕があり、価格重視や掘り出し物を探したい人にはオススメです。

海、室内、砂漠と様々なシチュエーションで楽しめるアクティビティ

ドバイ水族館   ドバイ・アウトレット・モール
ドバイ水族館
(ドバイ・モール内)

「世界最大のアクリル水槽」としてギネスブックに認定された巨大水槽があるドバイ・モールの中の水族館です。ドバイ水族館の水生動物の数は33,000。サメおよびアカエイの種類は220を超えます。海中トンネルからの見学も出来ます。
営業日:毎日
  ドバイ・アイス・リンク
(ドバイ・モール内)

ドバイ・モール内にあるアイス・スケートリンクです。オリンピック規模のアイスリンクで、テーマ別のスケートイベントやフィギュア・スケート・ショー、スポーツ・マッチなどの各種イベントが年間を通じて開催されています。
営業日:毎日
     
スキー・ドバイ   デザート・サファリ
スキー・ドバイ
(モール・オブ・ジ・エミレーツ内)

モール・オブ・ジ・エミレーツ内にある中東初の屋内スキー場。屋内は−2,3℃で保たれ、400Mものゲレンデがあり、本格的なスキーやスノボー、スノーパークで楽しめます。
営業日:毎日
  デザート・サファリ
(各旅行会社でアレンジ)

デューン・ドライブという4WDに乗って見渡すかぎりの砂漠を走り抜ける砂丘ドライブ体験で、まるでジェットコースターに乗っているようなスリル満点のアクティビティです。美しい夕日を見た後は、キャンプサイトでキャメルライドや、バーベキュー、水タバコ、ベリーダンスショー、民族衣装の試着、植物染料で手や足に模様を描くことができるヘナ・ペインティングなどが体験できます。

映画「ミッション:インポッシブル4/ゴースト・プロトコル」の舞台

ドバイは中東のハリウッドを目指し、映画産業の活性化やロケ誘致を積極的に進めています。元々映画に出てくるような施設の多いドバイ、ここ近年は本場ハリウッドのビックタイトルのロケも行われるようになっています。中でも代表的なものが、2011年12月公開、トム・クルーズ主演の人気シリーズ、「ミッション・インポッシブル4」です。撮影は、2010年11月に3週間ほど行なわれ、撮影場所はブルジュ・ハリファ、メイデン競馬場、カーアクションシーンはシェイクザイード通りのデイラ地区とバールドバイ地区で行われました。特に注目の場所は、トム・クルーズ本人がスタントした世界一の高さを誇るブルジュ・ハリファの展望台「アット・ザ・トップ」。ワイヤーで吊り下げられて、壁づたいに走るシーンが撮影されました。その他もメジャーな観光スポットが多く登場するので、映画のシーンと重ね合わせながら、巡ってみるのも楽しみの一つです。